遺言

遺言書の作成をサポートします。

遺言なんて簡単にできるなんて思っていませんか? 
遺言は、法定の形式に沿って書面にしなければならず、もし法律の知識が充分でない状態で書くと、場合によっては、せっかく書いた遺言書が無効になってしまうこともあります。
当事務所では、法律的な観点から、お客様の遺言書の作成をサポートするサービスを行っております。ここでは、主な遺言書の形式を解説するとともに、当事務所のサービスを紹介していきます。

遺言の種類

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、公正証書遺言に比べると費用がかからない、というメリットがあります。しかし、公証人のチェックを通さないため、下手をすると法律的に無効、となってしまう可能性もないとは言い切れません。当事務所では、その万が一に備えて、お客様との相談の上で、当事務所が原案を作成し、清書に至るまでを総合的にサポートいたします。

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人に対する手数料が必要となるため、費用がかかります。完成に時間もかかります。しかし、それだけ法律的に無効となる可能性を避けることができる方法でもあります。 また、作成された遺言書は公証役場に保管されるので、遺言書の偽造・滅失を防ぐこともできます。万全を期して遺言に望みたい方、財産が多い方には向いている方式といえます。

料金

基本

項目 報酬(税別) 備考
自筆証書遺言 ¥30,000  
公正証書遺言 ¥60,000 証人2名分の報酬も含んだ料金になります。また、公証人手数料が別途かかります。

オプション

項目 報酬(税別)
相続人調査(戸籍) ¥2,000×通数
相続財産調査(不動産) ¥500×筆数

手続きに必要になる実費(添付書類取得にかかる手数料、郵送代など)は、別途にかかります。

ご相談

電話またはメールでのご相談は、複雑なものを除き、基本的に無料です。ご希望の方には、面談でのご相談も承ります。

項目 報酬(税別) 備考
ご相談(面談) ¥2,000(30分につき) 出張相談の場合、交通費が別途かかります。